« TOP

2013年1月29日

台湾断層保存がついに明日オープン!

台湾の台中には1999年に発生した、集々大地震(921大地震)で露頭に出現した逆断層の保存が進められています。今回は当社のTOTで断層斜面を強化保存する技術指導のため、台中にやって来ました。日本でもなかなか見ることのできない活断層がミュージアムとして完成し、いよいよ明日、開館いたします。私たちはオープン記念会に列席もさせて頂きます。
この保存館は、台中の竹山という小さな街にあります。
「車籠埔断層保存園区」という施設で、地質学上はもとより目視できる断層が生で見られる他、地質についても学べる充実したミュージアムです。
今夜は明日のオープンにむけて、職員の方々が一生懸命、最後の準備に大忙し。明日の開館式がとても楽しみです!
近くにこられた方は、ぜひお立ち寄りください(^^)

 

20130129-201729.jpg

(オープン真近です!)

 

20130129-185547.jpg

(断層博物館は、近くの高速道路からも見えます)

 

20130129-185553.jpg

(正面玄関)

 

20130129-185525.jpg

(資料館を案内する若い方々も最後の入念なチェック中)

 

20130129-185540.jpg

(断層面。礫地盤側が2m近く隆起しました)

 

20130129-185513.jpg

(逆側)

 

20130129-185519.jpg

(開館に向けて清掃中)

 

20130129-185505.jpg

(博物館はドームで覆われてます)

 

20130129-185531.jpg

(TOTは台湾の断層保存でも活躍してます)


カテゴリー: 文化材・防災技術 |