« TOP

2016年2月20日

チャルチュアパ遺跡群探査

エルサルバドル広告(軽量)

約10日に及ぶ期間で遺跡探査を行った、チャルチュアパ遺跡群(エルサルバドル)。そのうちの2遺跡について探査を行いました。中米はマヤ文明の遺跡が数多く残る人類文明の歴史上、最も重要な文明の一つです。

機器は、NOGGIN250スマートカートシステム(Sensors&Software社製)を使用しました。機動力がありとてもタフなこの機械は、乾期の埃っぽい環境の中でも高精度データをサンプリングできるだけでなく、精密機械でありながら故障やトラブルがありません。幾度も困難なフィールドを共にしたこの機械、今回も期待以上の仕事をしてくれました。

 

数ある地下レーダーシステムの中でもとりわけ老舗のこの会社の機器は、研究者の希望を満足するデータ取得と解析結果が得られることから、日本では大学や政府関係の研究機関で一際人気があります。

 

しかるべき機会に探査結果をみなさまに発表できる日を心より楽しみにしております。

 

 

 

Archeology GPR investigation was conducted at two of the Chalchuapa ruins in El Salvador for ten days.

Central America is one of the most important ancient civilization area in the world which the Mayan civilization is believed to exist.

 

Noggin250 SmartCart system manufactured by Sensors & Software Inc. was employed.

This system is a tough and hardworking GPR.  It can keep collecting accuracy data even in a dusty environment of dry season.

Also there have been no trouble nor breakdown with this precision equipment for over a decade.

The Noggin system; we have been getting over a lot of difficult fields with this, and it provided us  better-than-expected results this time, too.

 

The products of Sensors & Software, which is one of the well-established GPR manufactures, have been having a highly confidence by researchers in Universities or governmental research institutes in Japan as it can provide them satisfactory data and results.

 

We are looking forward to presenting the survey results to you at an appropriate time.


カテゴリー: チーム・ジオドクターの活動 |

コメントを残す