« TOP / 分類:地域防災

2014年11月10日

地域の防災力向上に向けて!

2014.11.09

福井県若狭町にあるとある町内から要請を頂き、防災について当社職員が講演をさせていただきました。

当日は地区の防災訓練があり、訓練後に地区の方が公民館に集まり、自然災害への対応を更に勉強したいということで

開催されました。そのなかで、貴重な時間を頂き、当町内における自然災害の可能性と対応についてお話しさせていただきました。

DSCF5399

(講演の様子)

 

タイトルは、「身近の地盤を知り、事前の備えで安全・安心を確保しよう(若狭町○○地区周辺の場合)」

  1.土砂災害って、どんなもの?

  2.身近に潜む危険性

  3.防災意識を高め、命を守ろう

の三本立で、昨年度実際に被災した台風18号での被害状況も踏まえて、地域の方が日頃どのような点に注意していることが重要なのかを分かりやすく説明させていただきました。

自然災害が発生し易い地域は高齢者の方も多く、日頃の自主防災力(自助・共助)が問われるところです。
今回の講演が地域の皆様の防災向上の一助になれば幸いであると思っています。

---

自然災害は身近な自然(地質)への関心がとても大切だと思います。私たちがすんでいる地域は平野、山裾、中山間など多様ですが、その地域ごとに自然災害の対応が異なってきます。そこで、身近な自然を知ることはとても重要で、自然災害への対応がおのずと判断できると思います。また、自然への気づきから、個人・家族・地域などで防災について話し合ったり訓練することができると思います。
この機会にぜひ、身近な自然と防災教育について関心を持っていただけると幸いです。


カテゴリー: 地域防災 |
2013年11月13日

土木学会にて発表しました。

2013年9月に行われました、土木学会で発表した論文を掲載いたします。

「耐震点検に向けた土壌水分計付貫入計による老朽ため池浸潤線の評価」


カテゴリー: 地域防災 |
2011年11月25日

地下レーダ探査を用いた海岸施設防災に関する発表

2011.11.25

 

電子情報通信学会技術研究報告

宇宙・航行エレクトロニクス研究会

第11回地下電磁計測ワークショップ

が、11月23日~25日の3日間、

奈良文化財研究所で開催され、

当社からも、「復興」のキーワードで事例を発表してきました。

 

参加された方々は、海外からの方が多く

国際色豊かなワークショップとなっておりました。

(会場風景です。当社の発表風景ではありません)

 

当社は、

人工海浜施設で空洞化を事前に点検するタイミングについて発表しました。

 

福井県内にも数か所の空洞が認められたこともあり、

今後の異常気象による突然の空洞による災害を未然に防ぐために、

ぜひ、この発表が役立ってくれればと願うばかりです。

 

発表論文はこちらです↓

「人工海浜の空洞化調査と不陸の発生メカニズム」

 


カテゴリー: 地域防災 | 物理探査・遺跡探査 |