2017年9月1日掲載

砂防遺産シンポジウム2017 開催

砂防遺産シンポジウム2017 <アカタン・高倉砂防会場>
砂防文化 をつないでいこう!

2017.10.21(土)22(日)
会場:アカタン砂防エコミュージアム
住所:福井県南条郡南越前町古木59-52  リトリートたくら

古くは江戸期につくられた砂留をはじめとする歴史的砂防施設は全国に点在し、今も機能を果たし続けています。
そして、先人たちが体験した土砂災害の記憶、自然と調和した珍しく美しい造形の砂防えん堤など、地域の砂防遺産として親しまれ保存・活用されています。
地域固有の砂防文化を交流し合い、未来につないでいく目的で、昨年福山市で開催された「全国砂留シンポジウム」を引継ぎ開催します。
ご興味のある方の多数ご参加をお待ちしております。

21日(土)砂防ハイクと交流会
13:40 開会
14:00 ★SABOオンサイト交流 みんなで現地を観る。高倉砂防⇨アカタン砂防
16:45 ★SABO講座「欧州の砂防遺産紀行」
講師 西本晴男教授(筑波大学大学院)
18:00 ★SABOナイト 住民と砂防仲間の交流会

22日(日)砂防文化をつないでいこう!
8:30 ファシリテーター 田中謙次(ECRI)
★歴史的砂防施設の背景
話題提供 蒲原潤一(SFF)
9:00 ★活動団体の発表・つなぐフリートーク
〈活動エリア〉万内川砂防・堂々川砂留・別所砂留・牛伏川砂防・薬師沢砂防・立山カルデラ砂防・奥飛騨の砂防・佐分利川砂防・高倉砂防・アカタン砂防・他
11:40 ★全日程ふりかえり
12:00 閉会

事前参加申し込み
▼締切り 10月6日 EmailまたはFaxでお申込下さい。
※詳細はチラシをご覧ください。

▼申込先 砂防遺産シンポジウム2017実行委員会
事務局(ECRI内)  ECRI@geology.co.jp
Tel(0778)25-6051 Fax(0778)21-3327

▼参加費 登録費1,000円 SABOナイト会費4,000円
宿泊費4,000円(朝食付)コテージ

主催| 田倉川と暮らしの会・高倉谷川砂防えん堤の会
後援| 南越前町・福井県・福井県砂防ボランティア協会・日野川流域交流会・リトリートたくら・NPO法人土砂災害防止広報センター(SPC)
協力| 一般財団法人砂防フロンティア整備推進機構(SFF)
一般社団法人環境文化研究所(ECRI)

砂防ボランティア基金の助成を受けています。


カテゴリー: イベント情報 パーマリンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL

コメントを残す